MENU

マイホームは住宅ローンを賢く組んでお得に購入!

家族の画像

 

人生で一番大きな買い物といえば、マイホームだと思うのですが、そのマイホームはマンションや一軒家でもかなり高く、現金では買うことができるものではありません。

 

 

では、どうやってマイホームを買うことができるかといいますと、住宅ローンを利用するということになります。

 

もちろん、利用するためには審査があり、審査に通らなければマイホームもはるか遠いものになってしまうことになります。

 

そうならないように普段の生活の中で頭金を貯金したり、生活費を切り詰めたりしているとは思いますが、ほかのローンやクレジットカードを使っている方はそれらをちゃんと支払っても貯金や支払いできる余裕があるだけの収入がなければ、まず審査に通りません。

 

 

また、収入が月によって大幅に異なっていても、安定した貯金ができるだけでもかなり違ってきますので、仕事を頑張りつつ、貯金をしっかりと地道にやっていきましょう。

 

そうすれば、マイホームを得ることができる場合もあります。

 

ですから、できるだけ多くの頭金を準備しておきますと、あとの支払いも気持ち的にも楽になりますし、信用も得られるということで困らないのではないでしょうか。

 

 

頭金が多いということは、住宅ローンを利用するためにはかなりいいということはわかりましたが、支払期間がもっとも長いということで、支払利息のことや支払期間、返済中に返済できないような事態があった場合の対応など、いろんなことを説明してもらうことが必要で、自身でも勉強しておくことが必要になります。

 

 

そして、マイホームを持つということができて、住宅ローンを返済していくことになるわけですが、それ以外にも諸費用が必要になりますので、それがなにかも確認をして、手続きに抜けがないようにチェックをして、自分の家で過ごすことを満喫しながらも、支払いが滞ることのないようにしていただければ、と思います。

 

 

では、これから細かく説明していきたいと思います。

 

マイホームは人生最大の買い物!

マイホームといえば、夢のものと考えていませんか。

 

マイホームはもう買えないと思っていませんか。

 

確かに土地を買って、家を建てるのはとても高い買い物であることは間違いありません。

 

とても、現金で買うことができるものではありませんが、マイホームを持っている方は結構いるということは事実としてあります。

 

 

では、新たにマイホームを買おうとしますと、支払い方法ということになるかと思いますが、ほとんどの方は住宅ローンを組んで購入をしています。

 

購入費用を分割して支払うことで、負担を分散し、生活に支障がないようにすることができるわけです。

 

 

また、これはマンションでも同じことで、マンションを買う時も分割して支払うことがほとんどだと思います。

 

マンションにつきましては、土地の扱いが物件によって異なるということですので、不動産会社の方に確認をしてください。

 

 

ちなみに、一軒家でも土地が定期借地権という場合もありますので、土地の扱いについては念のため確認しておいてください。

 

 

マイホームは人生で最大の買い物ですが、現金一括ではなく、住宅ローンを利用することで手に入れることができるということがわかっていただけたかと思いますが、住宅ローンを利用する場合は毎月返済を行わなければ、マイホームがなくなることもありますので、遅れることなくローンの返済をするようにしてください。

 

 

そして、マイホームは完済して初めて自分のものとなることも改めて認識しておきましょう。

 

一軒家かマンションか

買うのは一軒家かマンションか悩むところではありますが、住みたい地域によって変わるといってもいいと思います。

 

市街地に近づけば近づくほど高くなり、郊外であっても住宅が多いところですと、土地も高いということで高くなります。

 

 

地方へ行きますと、土地が安いということは確かですが、交通の便が悪いということでなかなか住もうということがないかもしれません。

 

これらを踏まえて、自身がどのようなところにどのような家で暮らしたいかを考えなければなりません。

 

 

また、決める前から住宅ローンのことについて調べたり、頭金を準備したりして、決めたら予算内で収められるようにしなければなりません。

 

予算と希望、どちらを取るかを慎重に考えて、購入する物件を決めていただきたいと思います。

 

決まったら、住宅ローンを申し込んで、物件の引き渡しが済んだ時点から支払いが始まるということも知っておきましょう。

 

 

そして、広い庭がほしいと思えば一軒家になると思いますし、駅の近くに住みたいと思えばマンションという選択肢になるのかと思います。

 

しかし、住むところによって、判断をしなければならないこともありますので、どこかで妥協はしなければならないかもしれません。

 

ですが、一生に1回のことですから自身が納得できる物件を選んでもらいたいものです。

 

物件が決まったら、住宅ローンを利用して支払いを行ってマイホームを満喫してもらえたらと思います。

 

【住宅ローン情報サイト】
住宅ローン借り換え比較マニュアル

 

住宅ローンの返済期間はどのくらい?

住宅ローンの返済期間につきましては、どのローンよりも長く、最大で35年という長い期間ということになっております。

 

実際にはある程度まとめて返済することで期間を短くすることができますので、そこまでの期間を支払わなくてもいいということも言えます。

 

 

また、万が一亡くなってしまったなど、本人が収入を得られなくなった場合には、残額を支払ってくれる保険に入ることが義務付けられていますので、返済に困るようなことはまず考えなくてもいいかと思います。

 

 

ちなみに返済期間はかなり長いのですが、賃貸で部屋を借りるよりは安く済むことの方が多いですので、家賃を払うような感覚で返済を行えば完済することができます。

 

 

しかし、住宅ローンを払っている期間中、税金や保険料などの支払いがありますので、意外に大変と考えている方は多いのではないでしょうか。

 

住宅を購入した年は確定申告をすれば、還付されますし、保険料も上限はありますが、還付申告で少しは還付されるはずです。

 

それを差し引きましても、部屋を借りて家賃を支払うよりはお得と考えてもいいのではないかと思います。

 

 

そして、住宅ローンを利用するために審査を受けて、返済方法を考えなければならないわけですが、最近はボーナスが支払われないことも多いですので、ボーナスに依存した返済を考えてしまいますと、ボーナスがもらえなかったら、生活に大きな影響を与えてしまうことになりますので、きれいに均等払いという形で検討した方がよいでしょう。